父になったよ流山で。

流山市に移り住んだ家族のブログ

ストライダーよりも安全に始められる、へんしん!サンライダー

幼児用の自転車として人気を集めているストライダー。2歳のお子様から直感的に乗れてバランス感覚を養える優れたランニングバイクなんですが、広い公園などが近くにあればいいのですが、安全な環境が近くにない人も多いかと思います。また2歳児には公園で走らせるのも少し危険です。公道や駐車場、車両の往来する可能性がある場所でも禁止されています。「ここでは乗っちゃダメ」なんて言っても公道で乗りたがるし・・・。そんな時にいい三輪車でもないかなぁと探していたらありました!

 

その名も「へんしん! サンライダーFC ローズピンク

まずはこちらの紹介ビデオをご覧ください。

 

www.youtube.com

 

子供の成長に合わせて3段階の変身をするサンライダー。こちらをおススメする一番のポイントは第一段階の舵切り棒があることですね。公園で走らせるとしても小さい子供たちが沢山いると、どうしても衝突する危険性があります。ましてや2歳となると前を向いて運転しないし・・・。そんな時に方向転換やストップさせたりなど親が操作できるのはありがたいです。早速2歳の息子の誕生日に購入してみました。

 

f:id:pikopon52:20180123015047j:plain

f:id:pikopon52:20180123015141j:plain

 

組み立ては簡単でまずは第一段階を試してみました。舵切り棒付きの三輪車。

作りはしっかりしているし、なにより見た目がカッコいい!

自分の小さいころにこんな三輪車欲しかったなぁw

 

f:id:pikopon52:20180123015406j:plain

 

足を乗せられるステップも付いています。タイヤは空気を入れるタイプではなく弾力のあるプラスチックのような素材なので、パンクの心配はありません。

 

f:id:pikopon52:20180123015706j:plain

 

写真は三輪車としてですが、成長したらタイヤを移動させて二輪のランニングバイクにできます。またサンライダーは2タイプあります。サンライダーFCの方が舵切り棒付きとなっています。

 

f:id:pikopon52:20180123020000j:plain

 

舵を切るのにそこまで力はいりませんでした。どちらかと言うと、第一段階は子供を乗せて親が押して走らせる仕様なので、体力が必要かもしれません。

息子はイヤイヤ期に突入しているので、ベビーカーもイヤ、抱っこもイヤで出かけると移動するのに苦労するのですが、サンライダーにはおとなしく乗ってくれました(笑)

三段階の変身が出来る上に、サドルやハンドルの高さも調整できるので、成長に合わせて長く使えそうです。

第二段階の三輪車になったらまた記事をアップします。